Back
マインクラフトの未使用BGM
2022-07-29 | BGM(music) ビデオギャ(games) | その他の言語: English
The translation may have errors, please let me know of any!

翻訳に誤りがあるかもしれませんので、ご指摘をお願いします!

マインクラフトのアルファ版とベータ版のアルバムには、ゲーム内で使用されていない楽曲がたくさんあるんだ! オリジナルサウンドトラックと同じノスタルジーに浸れる曲もありますよ!


Volume Beta 01 - Ki

このBGMは、昔のMinecraftのエッセンスである、空っぽで、暗い...。しかし、謎と発見と思い出に満ち溢れています。


Volume Alpha 02 - Door

「Key」の続きの曲です。Minecraftのライトモティーフをそのまま使用しているので、親しみやすく、かつ新鮮なサウンドです。この曲が通過する広大な感情は、ゲームを完璧に表現している...。 このBGMがサントラに入っていたらいいのにな〜。


Volume Alpha 04 - Death

音がすべてを物語っている。スティーブ(プレイヤー)が草むらを抜けてニワトリに忍び寄り、小麦で気を引いてからニワトリを殺します。

プレイヤーが忍び寄り、ニワトリを撃つ音声...ゾクゾクします。この時代のMinecraftでは、このような動物虐待をあえて示唆することはないでしょう...しかし、 Mojangを思い出してください...狩りはこの世界で生き残るために必要不可欠なものです。はこの世界で生き残るために必要不可欠です。

ニワトリを殺す歌にしては妙に美しい。

Volume Alpha 10 - Équinoxe

このコメントが一番BGMを表現していると思います:

「このBGMは、もう家がないから帰れないとわかっているような気がする」

このBGMには希望が込められているのですが...そう、今まで家にいた時の感覚...親近感があります(私がゲーム「Stray」がとても好きな理由もこれですが、 それはまた別のブログ記事で紹介します)。それが一番大事なことなんだ・・・希望がなければ・・・何をやっても・・・努力しても・・・無駄なんだ・・・。

このBGMは、Minecraftの世界の大半を占める「空虚感」を見事に表現しており、その空虚感を埋められるのはプレイヤーであるあなただけです


Volume Alpha 15 - Chris

Minecraftの光をモチーフにしたBGMです。この曲は本当に好きなんです...探検の気持ちがいっぱい詰まっています。でも、「クリス」って誰なんだろう?

2011年頃は、もっとシンプルなゲームでした。


Volume Alpha 17 - Excuse

このBGMは孤独だ。これは立ち往生しているような感じです... そしてこの永遠に続く心の緩慢な拷問状態から抜け出す方法がわかりません。

このBGMは、誰かに謝りたいけど、謝る勇気がない... ひどい気分になって、先延ばしと空虚の下降サイクルに陥るかもしれません。

「私の友情に言い訳が必要ですか!」


Volume Alpha 20 - Dog

「Cat」に代わる、より遊び心のある楽曲! 旧XBOX 360 Console Editionでは、この曲は「Cat」ディスクの後に再生されます!

こちらは予告編などの映像に多く使われていた記憶があります。


Volume Alpha 22 - Beginning

もうひとつのイントロのようなトラック...私は「Ki」の方が圧倒的に好きですが(より思い切ったサウンド)、ゲームにすでにある他のトラックと似たようなサウンドです。リミックスのようなものです。

このBGMは、まるで森の中を一人で歩いているような...でも不安はないような...不思議な感覚ですが、とてもいい気分です。


Volume Alpha 23 - Droopy likes ricochet

リラックスできる曲で、ぜひゲームに取り入れたい。

なんとなく、クレジットのシーンに似ているような...。この曲はYouTubeのマインクラフトのトレーラー動画でも使われていたような気がします。


Volume Alpha 24 - Droopy likes your face

前のBGMの続き、犬の鳴き声(?) ...と歪んだTTS音声が聞こえます。

どうやらこのサンプルは、音声合成(TTS)スピーカーが付属している絵本「ドルーピー・ドラゴン」に関連したものらしい。

なぜか昔発売された「ドルーピー・ドラゴン」という絵本に、「マジック・ワンド・スピーキング・リーダー」という不思議な音声合成装置が付属していたのです。 それを使うと、音声合成の音声が本の文章を読み上げてくれるのです。この音声サンプルはそこからきています。Minecraftに関連する意味はありません。

Volume Beta 05 - Flake

冬らしい冷たいBGM...カズーの演奏も?そしてさらに音の歪み... この冬のワンダーランドは何かがおかしい、理にかなっている-雪のバイオームはMinecraftでは荒涼とした難しいバイオームだ。

この曲は、ゲームのConsole Editionにあったクリスマスマッシュアップパックに収録されていた...。これ、覚えてます。


Volume Beta 14 - Kyoto

これは、レイマンシリーズのゲーム(レイマン2かな?)の音楽を思い出させる...いや、混乱してきた...でも、何かのゲームを思い出させますね。

それは...勝利の感覚を呼び起こすのでしょうか?しかし、あなたはまだ、これが正しいことだったのかどうかという疑念に包まれています... あるいは、説明のつかない勝利... 最後にはすべてがうまくいくだろうという知識とともに...

このBGMは、クリスマスマッシュアップパックにも使用されています。


Volume Beta 25 - Eleven

ついにディスク「11」を修理したんですね もしかしたら、あの恐ろしい出来事で上書きされるまでのディスクの音はこんな感じだったのかもしれません。

大音量のピアノ、好きです! それは私の夢のいくつかを思い出させる...決して現実にはならない超現実的な瞬間...ありえないから! でも...リアルに感じる...記憶の中にずっと残っている。


Volume Beta 30 - Intro

イントロです。ピアノのBGMに、人の呼吸音と鼻歌(C418本人)も入っています。イントロは発売された2枚のマインクラフトのアルバムの中で最後のBGM...。 このコメントには素敵な理論が書かれていると思うのですが・・・。

今、分かった気がします。この曲がイントロと呼ばれながら、アルバムの最後の曲である理由は、これがMinecraftのイントロではなく、 Minecraftから現実の生活への移行であるからです。これからの人生でやることはすべてTHISから始まるんだよ、ということを伝えているんです。 なぜなら、Minecraftの世界は無限にありますが、結局のところ... 現実の世界は1つしかない... あなたが探検するのを待っているのです。

これは、エンドクレジットの台詞でも説明されているのですが...。

ゲームの記憶がなくなっていく...ゆっくりと忘却の彼方へ浮かんでいく...時間がなくなっていく...まだ何もすることがない...すべての記憶を思い出すんだ...。

これがゲームのどこかに入っていないのは犯罪だ...!


結論から言うと

今回はマインクラフト本編の未使用BGMを調べてみましたが、他にも様々なパックやエディションにBGMが存在します...

このゲームは巨大なものになった...おそらく当時は誰も予想しなかったような...。